JuniperBerry’s diary

日々感じたことや ふと思い出した事を 書いてます

あれがだめなら これ

シーナ・アイエンガーの著書

THINK BIGGERを 

読み始めた

 

彼女の前作

『選択の科学』では

目から鱗

何枚も 剥がれ落ちた

 

彼女の導き出した 心理事象は

TVのクイズ番組でも

解説で よく取り上げられている

 

「人間、選択肢が多すぎると

かえって選べない」

 

今作 THINK BIGGER 

出遅れて

まだまだ 

読み始めたばかり だけれど

 

早速気になる言葉が出てきた

 

「何かに本当に情熱を感じているなら、信念を曲げたりしないだろう? アイデアの中身がそんなに変わるはずがない、と。

だが私はその反対だと思う。

何かを本気で考えるためには、柔軟性を持って、それをいろいろな方法でとらえ、とらえ直すことが欠かせない」 p.143-144

 

信念を 形にしている人は

信念の形を 柔軟に 

現実世界 今の自分に 

合わせながら

持ち続け 考え続けている って

ことなのかな

 

何かを続け続ける事は

なかなか難しいこと

そして それと同じく

夢や希望を 持ち続けることも

なかなか 難しい

 

だけど 形を変えながら 

ならば

可能かも

 

Aという一文に 

興味が持てなくなっても

A'にしたら?

 

これまで上から見ていた

Aを 

下から とか

走りながら とか

寝転んで とか

いろんな方向や やりかたで

見る なんてのも

ありかもしれない

 

特に私は 飽きっぽい

続けるには

目新しい 何かが必要だ

 

「固定」を はずそう

そんなふうに 思った